英会話を修得するためにポイントとなる効率のよい学習方法

ネットでわかる教育機関の費用とカリキュラム

学習のオススメ攻略法

おすすめの英検対策の勉強法と気を付けたいこと

つい何冊も英検対策の単語集を買い揃えてはいませんか。 費やすべき時間はどちらがと言えば実践、つまり過去問とリスニング練習です。 まずは単語帳1冊の中の単語を7割強覚えれば、あとは、英検対策の問題集や過去問をときながら、知らない単語があれば、ノートなどにメモし自分専用の単語帳を作りましょう。 こうして、徐々に語彙を増やしていきましょう。 そして、英検対策の為にもリスニングは毎日、休憩中も好きな洋楽や洋画などを視聴する位、時間を取ってください。 最初は文字を見ながら聞いて、次は文字を見なくても聞き取れるよう訓練する必要があります。 2次試験での注意点としては、話す時に言葉を思い出そうとするあまり、複数形のsを付け忘れたり、3人称単数の動詞にsを付けるのも忘れがちですので注意してください。

試験でのありがちな「困った」を解消する方法

英作文を作る際に、文章がなかなか思い付かないことがありますが、こうゆう時は、問題の文章をマネして接続詞などを足して自分の回答にしてしまいましょう。ただし、文法的におかしなことになっていないか、1度読み直してください。 また、2次試験で話す際、いつも話している声のトーンよりも低めの声でアクセントを付けるところで声量を大きくすると相手に伝わりやすくなります。 英語は単語全てに抑揚を付けます。また、区切るところを間違えると相手に伝わりにくくなります。 リスニングの練習と並行してシャドーイング(音声を聞いてからそのまま聞いたとおりの音で復唱する訓練法)を行うと、発音練習となるだけでなく、頭と身体を動かすと記憶に残りやすくなりますのでお試しください。英検対策にもオススメの訓練法です。

Copyright© 2015 英会話を修得するためにポイントとなる効率のよい学習方法 All Rights Reserved.